剣道観戦記-撮影技術備忘録-

写真の右側が陰になって表示されない場合、その写真上で左クリックすると別ページで表示されますのでご利用ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第25回北海道高等学校新人剣道大会~2006~

両者上段

千歳市開基記念総合体育館にて。
ここの体育館もすばらしい会場です。外観からはあまり大きくは見えないのですが、フロア部分が地下に潜り込んだような構造です。

おそらくは一生に何度も見ることは無いだろうと思われる、両者相上段。
興奮でカメラを持つ手が震えていたのを思い出します。
他の会場を撮影していたのですが、このあまりにもすごすぎる光景がが目に入り飛んで駆けつけました。
とにかく、私、上段の構えが大好きです。

この頃のカメラはFuji FinePix S602というNEO一眼世代の300万画素でした。
価格は今の初級クラスの一つ上の一眼が買えるくらいしました。
5年も使った愛機でしたが、ファインダー内の画像が液晶モニタータイプだったため剣道のような早い動きには反応が遅いことが気になりだしたため、今のEOSへと移行しました。
にほんブログ村 写真ブログへ
種類,JPEG イメージ (JPG)
サイズ,"343 KB (351,621 バイト)"
更新日時,2006/01/22 11:58
画像情報,1280 x 960 ドット 24 ビット
メーカー,FUJIFILM
機種,FinePix S602
横解像度,72.0
縦解像度,72.0
解像度単位,dpi
作成ソフト,Digital Camera FinePix S602 Ver1.00
日時,2006/01/22 11:58:23
著作権者,sawdabear
露出時間(秒),1/125
F値,2.80
露出プログラム,絞り優先AE
ISO感度,800
Exifバージョン,0220
撮影日時,2006/01/22 11:58:23
デジタル化日時,2006/01/22 11:58:23
シャッタースピード(秒),1/128
レンズ絞り値(F),2.83
対象物の明るさ(EV),1.97
露出補正量(EV),0
最小F値,2.83
測光方式,平均測光
光源,自動
フラッシュ,使用せず / 常時オフ
焦点距離(mm),13.9
画質モード,NORMAL
シャープネス,ハード
ホワイトバランス,カスタムホワイトバランス
色の濃さ(彩度),ノーマル
フラッシュ発光モード,発光禁止
フラッシュ発光強度補正(EV),0
マクロモード,オフ
フォーカス,オートフォーカス
スローシンクロモード,オフ
撮影モード,絞り優先AE
連写モード,オフ
手ぶれ警告,なし
オートフォーカス,正常
自動露出,正常
縮小画像 情報,350 x 262 ドット 24bit
縮小画像 記録日時,2006/01/22 17:30
縮小画像 サイズ,32031 バイト
スポンサーサイト
  1. 2007/11/29(木) 19:42:40|
  2. 撮影記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<第49回道南地区剣道大会 | ホーム | 第36回五市対抗剣道大会より>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pureshot.blog15.fc2.com/tb.php/4-f6b6da35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

そうだべや。

Author:そうだべや。
子供達の剣道の付き合いで写真撮影を始めるようになりました。すでに息子達は剣道をしておりませんが、何に縛られることなく道南・道央の剣道大会に出没させてもらってます。昨年は仕事の関係でなかなか撮影に行くことが出来ませんでした。そのかわりといっては何ですが、札幌ドームに行く機会が何度かありまして、日ハムの応援がてら望遠で選手達を撮影したりしていました。剣道は実戦でもそうでしょうが、写真撮影も「集中」が途切れると思った写真は撮れません。長い時間「集中」し続ける、そこのところを今年は鍛えたいなと思っているところでした。私のアバターは「ルナ・シー」のSUGIZOさんです。本人とは似てもにつきません。あしからず。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。